2015年12月12日土曜日

その後のハクサイ外葉の様子は?

11/29に収穫したハクサイの外葉をミミズ御殿に入れました。

一株分でたいした量では無いとは言え、ミミズの数もそんなに多くないし、ちょっと水分が多いような気がして、その後の様子が気になっていました。


それから一週間後のミミズ御殿の様子です。右側がハクサイの外葉を入れた場所ですが、ちょっと過湿気味のように見えます。


試しに軽く掘り返してみましたが、かなり湿っぽくて、重く感じました。

写真からも「ぐちゃ」という感覚を感じ取ることができ、良くない傾向です。


こういうときのために夏の間集めておいた、からからに乾いた枯れ葉に登場を願います。


大量の枯れ葉とよく混ぜて、水っぽい塊を散らしてやりました。

恐らくこれ以上環境が悪くなることはないでしょう。


そして、一週間後。

何度かエサをやりましたが、先週以上に過湿が進行しているという感じは受けません。


ただそれ以上に、ミミズがあまり見当たらないようで気になります。

乾燥させたランタナの葉をミミズが嫌うのか、積極的に食べているような感じがしないのです。ただ一方で季節が冬に向かっているので、活動が鈍っているのもまた事実で、因果関係はよく分からないままです。

その代わり、ハクサイの外葉の痕跡はすっかり無くなりました。


当面は、今まで通り少なめのエサで、無事の冬越しを優先して行こうと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿