2015年9月21日月曜日

秋の草むしりシーズン到来

今日は秋の草むしり・・・なんて平和な物ではなかった・・・

秋の連休に入り、「暑いから後で・・・」と夏の間後回しになっていた草むしりの季節がやってきました。


実は、生えている草は案外たいしたことが無い。手で簡単に引っこ抜けます。

問題は、これ!


カラムシ

古来、繊維を取って織物を作るのに使っていた植物ですが、旺盛な繁殖力で雑草化しています。

地上部は冬に枯れますが、地下茎は生き残るため、毎年どんどん生育範囲を広げていき、成長すると2mを越え、木質化する困った植物です。

これが隣家から越境してきて、近づくことも困難になっているのです。

ひたすら切る!

足下の雑草を引っこ抜くのとあわせて、まずは目の前のカラムシを切る!ひたすら切る!

すでに木質化している茎を5cmくらいの長さに切りそろえていきます。

葉の裏には白い繊毛があり、これが軍手に張り付いて作業効率が悪くなるのが難点です。

さらにちょうど花の咲く季節で、ちょっと触ると花粉が煙のように飛び散るのが目に見えるくらいです。今日はマスクをつけて作業をしました。

乾燥させてコンポスターに



大きなガーデンバッグを買ったので、昨年までのようにちょっと切っては別の場所に持っていく作業がなくなりとても楽になりました。


ガーデンバッグに加えて、大きなネットの袋も買ってきたので、乾燥させるのが簡単になりました。袋に移し替えて天日で乾燥させます。

連休中は天気が良さそうなので、数日乾燥させたところでコンポスターに入れる予定です。

今日の成果


これで、立って歩けるようになりました。


今日のコンポスターはこんな感じ。

さすがに毎日だと変化があまりありません。

もう少しカサが減ってきたら、今日の剪定くずを投入です。

0 件のコメント:

コメントを投稿