2014年3月14日金曜日

ミミズコンポストの過湿対策

今年は冬の間も休むことなくエサをやり続けているのですが、やはり冬場はエサを食べる量が減ることもあって過湿気味です。いや、過湿と言うよりも、べたっとして隙間無く重い・・・と言う方が正しいかもしれないです。

一言でまとめるとミミズコンポストをやっていない人が見たら、一目で絶対に嫌いになる一歩手前という感じです。

このまま暖かくなって腐敗することが心配になってきたので、今のうちに対策を取ることにしました。


ミニ熊手で15cmほど掘り返しましたが、まだべっとりしています。もう少し暖かくなったら本当に嫌気発酵が始まりそうです。そうなると怖い・・・。


今回の対策はこれ。古いダンボールを適当な大きさに切って敷きます。その上に過湿気味のコンポストの中身を薄く盛ってふたたびダンボールを敷いていきます。なるべく多くの空気を含むように何段も重ねてサンドイッチに。


最終的に4段程度のダンボールでサンドイッチに。ミミズはダンボールも食べてしまいますし、空気の層が無くなってしまったらまた新たにダンボールを足してみればいいでしょう。

はたしてこの対策で過湿が解消できるでしょうか?

0 件のコメント:

コメントを投稿