2012年6月4日月曜日

水切りカゴ・回収しました


5月1日に始めた水切りカゴを使ったエサやりですが、実験開始から1ヶ月が経ちました。


5月20日にはすっかりミミズの糞で覆われました。


5月31日には、カゴそのものがミミズの糞に埋まり始めました。このまま放っておけばどんどん沈んでいきそうです。

ちょうど一ヶ月が経ちましたので、回収して中身を取り出して中身をチェックしてみます。


みみず御殿から引っこ抜きました。

カゴの中にはもともと生ごみしか入っていなかったので、中にある物は分解していない生ごみとあとはすべてミミズの糞のはず。


分解されずに残っていたのは卵の殻、アボカドの皮、キウイの皮、大根の皮。

これらは一ヶ月間みみず御殿の中に入っていたにも関わらず分解せず。卵の殻はともかく、アボカド、キウイ、大根の皮は手強い相手です。


湿気が多いので、ミミズの糞の回収の前にしばらく日光浴を。


水切りカゴの中だけで、これだけのミミズが餌を食べていました。食べられる餌があればもっと多かったのかもしれません。

ミミズはみみず御殿2号に戻しましたが、回収したミミズコンポストは篩いがけできるまでに乾かなかったので、また来週に持ち越しです。

0 件のコメント:

コメントを投稿