2012年12月30日日曜日

ダンボールコンポスト・17日目

ダンボールコンポスト・17日目
堆肥温度46度、外気温10度。

40度を越えると温度を測らなくても熱気で相当暖かくなっていることが感じられるようになります。12月の寒さの中、ベランダで生ごみが発熱して分解している様子は何度見ても不思議で、面白いです。

微生物のパワーを感じさせる瞬間です。

2012年12月29日土曜日

ダンボールコンポスト・16日目

ダンボールコンポスト・16日目
20度近辺までは上がる物の、なかなか安定して発熱しないダンボールコンポスト。昨日、その対策として米ぬかと別に作っている発酵米ぬか堆肥を少々追加して見ました。

結果は上々。今朝の時点で発熱は30度まで上がり、その後も順調に温度が上がり続けています。米ぬか発酵堆肥の微生物を引っ越したのが効果があったようです。

よかった。

一日二日様子を見て、生ごみの投入を再開します。

2012年12月28日金曜日

ダンボールコンポスト・15日目

ダンボールコンポスト・15日目。
発熱しないですね。分解が進まないです。

外気温3度に対して、堆肥温度は10度。一応、低温発酵は続いているようですが、とても控えめ。
そこで、米ぬかを100gほど投入しました。本当は全量の三分の一くらい投入したいのですが、そんなに在庫がないので今日はこれだけです。

一度微生物が飽和状態になると後は簡単なんだけど・・・

今日も生ごみはミミズコンポストに。みみずは寒いけど大丈夫か?

2012年12月26日水曜日

みみず御殿1号にエサ300g

12月16日にみみず御殿1号・2号は2012年の運用終了と言ったばかりですが、ダンボールコンポストの立ち上がりが思わしくないため、昨日の生ごみはみみず御殿行きとなりました。
みみず御殿1号には、まだたくさんのみ分解の生ごみが残っています。しかし意外と表面に凹凸がなく平らになっているのです。この寒い中でも、夜の間にみみずが動き回っている証拠です。
そこで生ごみの一部をみみず御殿1号にも再び担当してもらうことにしました。

ダンボールコンポストの発熱が落ち着いてくるまで、ちょっとばかり頑張ってもらいます。

2012年12月23日日曜日

ダンボールコンポスト・10日目

ダンボールコンポスト・10日目。
発熱が始まりました。現在堆肥温度20度。外気温8度です。

これからの湿気に備えて、ダンボール箱の底と、不織布バッグと洗濯ネットの間に新聞紙を挟んでおきました。恐らく不織布バッグがあるので、ダンボールに直接生ごみを入れるよりは丈夫だと思いますが、念のため入れて置くことにしました。
ダンボールは外箱だけで、すでにダンボールコンポストと呼ばれる物ではないような気もしますが、良いでしょう。

2012年12月22日土曜日

美しいカビの世界

エサやりを止めたみみず御殿の中でカビがたくさん発生していました。私はカビの種類の特定まではできませんが、一般的に糸状菌と呼ばれる菌類です。

有機物が分解されるには次のような過程を踏みます。

糸状菌が分解しやすいタンパク質やデンプンを分解します。
放線菌が糸状菌が分解できなかったセルロースを分解します。
最後にキノコが放線菌が分解できなかったリグニンを分解します。

みみずはこのどの過程にある物でも、口に入る大きさなら食べてしまうので、微生物とはパワーが違いますね。みみずの口に入らない物は、これらの微生物が柔らかく、細かくしてくれるのを待って食べているのでしょう。




2012年12月21日金曜日

ダンボールコンポスト・8日目

ダンボールコンポスト・8日目。
昨日あたりから発酵臭がしている気もするのですが、まだ温度は上がっていないです。

おかげで生ごみだらけになってしまいました。生ごみ投入量はこれまでに2190gです。そろそろ発熱して欲しい・・・

2012年12月16日日曜日

みみず御殿1号・2号は2012年の運用終了

今年もダンボールコンポストを立ち上げて、冬期の生ごみ処理はミミズコンポストからダンボールコンポストへと移りました。

それぞれ、現在のみみず御殿の様子はこんな感じです。
みみず御殿1号。数日前に軽く中身をかき混ぜて、玉になっている生ごみを崩してやりました。上には古土の微塵を振ってあります。ミミズコンポストではめずらしく白カビが発生していますが、やはりミミズの活動が鈍くなり、処理されない生ごみが増えているのでしょう。
みみず御殿2号。こちらも最後にやったエサだけでなく、古いエサや剪定くずもたくさん残っています。動き回るみみずの姿は少なくはないですが、表面を覆い尽くすほどのみみずは今年は猛暑のため観察されませんでした。

二つのミミズコンポストの今年の処理量は、

みみず御殿1号:45.23kg
みみず御殿2号:18.20kg (家庭菜園の残渣を除く、生ごみ分のみ)

でした。

来年2月頃まで、ミミズコンポストはしばらくの間お休みです。

2012年12月13日木曜日

今年もダンボールコンポストへバトンタッチ

みみず御殿1号、2号ともに生ごみの処理量が減ってきているようなので、今年は少し早いですが、ダンボールコンポストを始めることにしました。
今年は、ダンボール箱の内側に、不織布買い物バッグを入れて扱いやすくしてみました。

100円ショップ、いろいろと便利な物が揃っています。

2012年12月12日水曜日

12月のミミズコンポスト

今年の12月は冷えます。天気予報によるとすでに12月後半から1月の気温だそうです。みみずも元気がなくなって当然です。
12月に入っても毎日エサをやり続けているのですが、最近余り減っている様子がありません。
ちょっと掘ってみると、ミミズは活動していますが、エサも減っている様子がありません。

そろそろ、冬場のダンボールコンポストへのバトンタッチの時期のようです。

2012年12月1日土曜日

2012年11月の生ごみ投入量

2012年11月の生ごみ投入量です。

1号 2号 ダンボール
11月1日 0 g 300 g 0 g
11月2日 130 g 0 g 0 g
11月3日 320 g 0 g 0 g
11月4日 450 g 0 g 0 g
11月5日 0 g 0 g 0 g
11月6日 0 g 0 g 0 g
11月7日 380 g 300 g 0 g
11月8日 0 g 250 g 0 g
11月9日 0 g 300 g 0 g
11月10日 0 g 340 g 0 g
11月11日 0 g 0 g 0 g
11月12日 550 g 0 g 0 g
11月13日 490 g 250 g 0 g
11月14日 0 g 0 g 0 g
11月15日 360 g 0 g 0 g
11月16日 0 g 0 g 0 g
11月17日 0 g 0 g 0 g
11月18日 0 g 0 g 0 g
11月19日 0 g 0 g 0 g
11月20日 0 g 0 g 0 g
11月21日 0 g 170 g 0 g
11月22日 380 g 0 g 0 g
11月23日 350 g 0 g 0 g
11月24日 0 g 0 g 0 g
11月25日 370 g 0 g 0 g
11月26日 0 g 0 g 0 g
11月27日 360 g 0 g 0 g
11月28日 220 g 0 g 0 g
11月29日 320 g 0 g 0 g
11月30日 0 g 0 g 0 g
合計 4,680 g 1,910 g 0 g

みみず御殿1号・ミミズ堆肥収穫

8月にリセットしたみみず御殿1号も、ゆっくりと回復してきています。

今日は久しぶりにミミズ堆肥を収穫しました。フロースルーなのでそこから掻き出すだけ。簡単です。
慣れてくると10分程度の作業時間です。

収穫したミミズ堆肥は軽く乾燥させ、ふるいにかけて細かい物は鉢物の元肥に、大きな物はそのまま花壇にまいてしまっています。
これでまたたくさん生ごみを入れるスペースができました。

ただし12月に入り、気温も下がってきたので、これからのエサやりは注意が必要です。みみずの食欲を見ながら、そろそろダンボールコンポストへのバトンタッチを考えます。

2012年11月1日木曜日

2012年10月の生ごみ投入量

2012年10月の生ごみ投入量です。

1号 2号 ダンボール
10月1日 90 g 0 g 0 g
10月2日 160 g 0 g 0 g
10月3日 230 g 0 g 0 g
10月4日 360 g 0 g 0 g
10月5日 270 g 0 g 0 g
10月6日 210 g 0 g 0 g
10月7日 200 g 0 g 0 g
10月8日 240 g 0 g 0 g
10月9日 140 g 0 g 0 g
10月10日 160 g 0 g 0 g
10月11日 0 g 0 g 0 g
10月12日 300 g 0 g 0 g
10月13日 120 g 0 g 0 g
10月14日 450 g 0 g 0 g
10月15日 0 g 0 g 0 g
10月16日 360 g 0 g 0 g
10月17日 0 g 0 g 0 g
10月18日 250 g 0 g 0 g
10月19日 400 g 0 g 0 g
10月20日 0 g 0 g 0 g
10月21日 600 g 0 g 0 g
10月22日 620 g 0 g 0 g
10月23日 0 g 150 g 0 g
10月24日 0 g 360 g 0 g
10月25日 0 g 250 g 0 g
10月26日 0 g 290 g 0 g
10月27日 0 g 320 g 0 g
10月28日 0 g 200 g 0 g
10月29日 0 g 270 g 0 g
10月30日 0 g 0 g 0 g
10月31日 0 g 250 g 0 g
合計 5,160 g 2,090 g 0 g

2012年10月1日月曜日

2012年09月の生ごみ投入量

2012年09月の生ごみ投入量です。

1号 2号 ダンボール
9月1日 120 g 0 g 0 g
9月2日 90 g 0 g 0 g
9月3日 600 g 0 g 0 g
9月4日 0 g 290 g 0 g
9月5日 160 g 0 g 0 g
9月6日 200 g 0 g 0 g
9月7日 0 g 220 g 0 g
9月8日 250 g 0 g 0 g
9月9日 70 g 90 g 0 g
9月10日 100 g 130 g 0 g
9月11日 0 g 0 g 0 g
9月12日 0 g 0 g 0 g
9月13日 0 g 0 g 0 g
9月14日 0 g 0 g 0 g
9月15日 0 g 0 g 0 g
9月16日 100 g 0 g 0 g
9月17日 240 g 0 g 0 g
9月18日 220 g 0 g 0 g
9月19日 270 g 0 g 0 g
9月20日 270 g 0 g 0 g
9月21日 240 g 0 g 0 g
9月22日 220 g 0 g 0 g
9月23日 170 g 0 g 0 g
9月24日 370 g 0 g 0 g
9月25日 100 g 0 g 0 g
9月26日 0 g 0 g 0 g
9月27日 310 g 0 g 0 g
9月28日 220 g 0 g 0 g
9月29日 110 g 0 g 0 g
9月30日 250 g 0 g 0 g
合計 4,680 g 730 g 0 g

2012年9月9日日曜日

みみずの引越

ミミズの数が激減してしまったみみず御殿1号。その後アメリカミズアブの幼虫の大発生などにも見舞われ、かなり調子が悪いです。

そこで援軍登場。


みみず御殿2号から、さくっと450匹を捕まえて、みみず御殿1号に引っ越しました。我ながら良く数えた物です。

急に環境が変化して弱らないように、みみず御殿2号の詰め物も少々移動。このときにもみみずが一緒に運ばれていますので、約500匹位が引っ越したのでは無いかと思います。

新しい戦力としての活躍を期待!

2012年9月2日日曜日

バスケットトラップでアメリカミズアブの捕獲


ミミズコンポストの大敵、アメリカミズアブの猛威が今年もやってきました。

二つあるみみず御殿の双方に頻繁に卵を産み付けられていました。


ともかく発生したからには駆除。駆除するために今回取った手段はバスケットトラップ。

適当なメッシュの容器に生ごみを入れて、ミミズコンポストに投入。

しばらく時間が経ってから引き上げるだけ。とても簡単。


引き上げたカゴにはたくさんのアメリカミズアブの幼虫が。成功。

カゴを直射日光に当ててやると、アメリカミズアブは勝手にカゴの外に逃げ出していきます。大部分はカゴと地面の間に隠れているので、一網打尽。

後はエサを水で洗ってやれば残ったアメリカミズアブもきれいにいなくなりました。

三回繰り返したところ、三回目にはほとんど罠にかからず、コンポスト内にも見て分かる大きさのアメリカミズアブの幼虫はいなくなりました。

まだまだ小さい物はいるはずなので、時間をおいてから再度挑戦です。

2012年9月1日土曜日

2012年08月の生ごみ投入量

2012年08月の生ごみ投入量

1号 2号 ダンボール
8月1日 260 g 0 g 0 g
8月2日 110 g 0 g 0 g
8月3日 140 g 0 g 0 g
8月4日 0 g 260 g 0 g
8月5日 370 g 210 g 0 g
8月6日 120 g 360 g 0 g
8月7日 270 g 0 g 0 g
8月8日 80 g 0 g 0 g
8月9日 50 g 0 g 0 g
8月10日 200 g 0 g 0 g
8月11日 0 g 220 g 0 g
8月12日 90 g 210 g 0 g
8月13日 0 g 120 g 0 g
8月14日 0 g 400 g 0 g
8月15日 0 g 150 g 0 g
8月16日 0 g 240 g 0 g
8月17日 150 g 0 g 0 g
8月18日 210 g 220 g 0 g
8月19日 0 g 210 g 0 g
8月20日 150 g 40 g 0 g
8月21日 260 g 0 g 0 g
8月22日 120 g 0 g 0 g
8月23日 160 g 0 g 0 g
8月24日 200 g 0 g 0 g
8月25日 220 g 0 g 0 g
8月26日 170 g 0 g 0 g
8月27日 0 g 160 g 0 g
8月28日 0 g 290 g 0 g
8月29日 0 g 230 g 0 g
8月30日 200 g 0 g 0 g
8月31日 180 g 0 g 0 g
合計 3,710 g 3,320 g 0 g

2012年8月26日日曜日

家庭菜園の残渣をみみず御殿で処理


夏の間順調に育っていたミニトマトも、ここに来てバテ気味のようです。そこで、主枝を切り戻し、脇芽を新たに育てることにしました。


そして、たくさん登場するのが細かく切り刻んだ、かつてトマトだった物。


みみず御殿2号で処理してもらうことにしました。

先週は刻んだキュウリの葉や茎をたくさん入れ、今週はトマトと大忙しです。

2012年8月15日水曜日

夏のみみず御殿2号

今年の夏のみみず御殿2号は寒冷紗では無くて、遮光ネットを使って日除けをしています。


プラスチックの蓋は外して、直接遮光ネットを。

なので、スキマだらけです。

普段はさらにすだれで日除けをしています。


みみず御殿1号が不調な中、2号にがんばってもらいます。

みみず御殿1号・リセット

何と今年もみみず御殿1号をリセットすることになってしまいました。

夏場の管理は難しいです。すだれ以外に効果的な日除けが必要ですね。


半分掻き出してみましたが、ミミズはほとんど見当たりません。


リセットと言っても今回は全部入れ替えるのでは無く、半分だけ手持ちのピートモスに入れ替えました。

ココナッツ繊維とは色も違いますね。


最後に救出したミミズとみみず御殿2号からの援軍を投入。

たくさん食べて、どんどん増えろよ。

2012年8月11日土曜日

みみず御殿1号・収穫

8月に入り、みみず御殿1号は回復せず。むしろみみずが減り続けているように見えます。

心配ではありますが、一度ここでミミズ堆肥の回収を行うことにしました。


下から掻き出して、ふるいにかける。手慣れた物です。

前回掻き出したときは、まだココナッツ繊維が残っていましたが、今回はほぼミミズの糞になっていました。

これでミミズが元気なら言うことは無いのですが・・・

2012年8月1日水曜日

2012年07月の生ごみ投入量

2012年07月の生ごみ投入量です。

1号 2号 ダンボール
7月1日 430 g 0 g 0 g
7月2日 0 g 0 g 0 g
7月3日 270 g 0 g 0 g
7月4日 0 g 0 g 0 g
7月5日 270 g 0 g 0 g
7月6日 260 g 0 g 0 g
7月7日 260 g 0 g 0 g
7月8日 0 g 0 g 0 g
7月9日 0 g 0 g 0 g
7月10日 0 g 0 g 0 g
7月11日 0 g 0 g 0 g
7月12日 0 g 0 g 0 g
7月13日 0 g 0 g 0 g
7月14日 0 g 0 g 0 g
7月15日 470 g 0 g 0 g
7月16日 120 g 0 g 0 g
7月17日 360 g 0 g 0 g
7月18日 390 g 0 g 0 g
7月19日 450 g 0 g 0 g
7月20日 0 g 310 g 0 g
7月21日 0 g 240 g 0 g
7月22日 0 g 290 g 0 g
7月23日 0 g 170 g 0 g
7月24日 0 g 370 g 0 g
7月25日 0 g 0 g 0 g
7月26日 0 g 350 g 0 g
7月27日 0 g 390 g 0 g
7月28日 140 g 0 g 0 g
7月29日 0 g 300 g 0 g
7月30日 400 g 0 g 0 g
7月31日 160 g 0 g 0 g
合計 3,980 g 2,420 g 0 g

2012年7月23日月曜日

みみず御殿1号が危機


あれだけ調子の良かったみみず御殿1号。30度を超える日が続いた7月始めを境に、ミミズの姿が消えてしまいました。

試しに少し掘ってみると、ミミズは下の方に移動している様子です。かなり数が減ってしまいました。

出張前に観察のために木製フロースルーの上部の生ごみを不用意にかき回したのが良くなかったようで、未分解の生ごみの発酵が始まり、発酵熱で死んでしまったようです。

しばらくエサやりは中止し、様子を見ることにします。

2012年7月1日日曜日

2012年06月の生ごみ投入量

2012年6月の生ごみ投入量です。

1号 2号 ダンボール
6月1日 130 g 0 g 0 g
6月2日 360 g 0 g 0 g
6月3日 0 g 220 g 0 g
6月4日 0 g 230 g 0 g
6月5日 190 g 0 g 0 g
6月6日 0 g 170 g 0 g
6月7日 0 g 230 g 0 g
6月8日 0 g 240 g 0 g
6月9日 0 g 250 g 0 g
6月10日 350 g 0 g 0 g
6月11日 100 g 0 g 0 g
6月12日 210 g 0 g 0 g
6月13日 0 g 0 g 0 g
6月14日 350 g 0 g 0 g
6月15日 160 g 0 g 0 g
6月16日 250 g 0 g 0 g
6月17日 80 g 120 g 0 g
6月18日 230 g 0 g 0 g
6月19日 250 g 0 g 0 g
6月20日 220 g 0 g 0 g
6月21日 340 g 0 g 0 g
6月22日 170 g 0 g 0 g
6月23日 0 g 200 g 0 g
6月24日 0 g 210 g 0 g
6月25日 0 g 140 g 0 g
6月26日 0 g 100 g 0 g
6月27日 0 g 220 g 0 g
6月28日 0 g 210 g 0 g
6月29日 0 g 340 g 0 g
6月30日 250 g 0 g 0 g
合計 3,640 g 2,880 g 0 g

2012年6月19日火曜日

再度フロースルーを掘ってみる

先月、フロースルーのみみず御殿1号を掘ってみましたが、ミミズ堆肥収穫にはまだ早く、出てきたのはココナッツ繊維ばかりでした。

まだ一月しか経っていませんが、エサやりスペースが狭くなってきたので、再び掻き出して見ることにしました。



下から見た感じはココナッツ繊維ばかりの様子。それでも結構湿っていてカサカサにはなっていません。



3cmほどミニ熊手で掻き出してみましたが、やはりこの辺りはまだココナッツ繊維ばかりです。ミミズ堆肥収穫にはまだもう少しかかりそうです。

2012年6月4日月曜日

水切りカゴ・回収しました


5月1日に始めた水切りカゴを使ったエサやりですが、実験開始から1ヶ月が経ちました。


5月20日にはすっかりミミズの糞で覆われました。


5月31日には、カゴそのものがミミズの糞に埋まり始めました。このまま放っておけばどんどん沈んでいきそうです。

ちょうど一ヶ月が経ちましたので、回収して中身を取り出して中身をチェックしてみます。


みみず御殿から引っこ抜きました。

カゴの中にはもともと生ごみしか入っていなかったので、中にある物は分解していない生ごみとあとはすべてミミズの糞のはず。


分解されずに残っていたのは卵の殻、アボカドの皮、キウイの皮、大根の皮。

これらは一ヶ月間みみず御殿の中に入っていたにも関わらず分解せず。卵の殻はともかく、アボカド、キウイ、大根の皮は手強い相手です。


湿気が多いので、ミミズの糞の回収の前にしばらく日光浴を。


水切りカゴの中だけで、これだけのミミズが餌を食べていました。食べられる餌があればもっと多かったのかもしれません。

ミミズはみみず御殿2号に戻しましたが、回収したミミズコンポストは篩いがけできるまでに乾かなかったので、また来週に持ち越しです。

2012年6月3日日曜日

2012年05月の生ごみ投入量

5月の生ごみ投入量です。

久しぶりにみみず御殿1号だけで5,000gを越えました。

一方で、みみず御殿2号が370gとちょっと寂しいです。その代わりみみず御殿2号には簿外で雑草と花殻を食べてもらうことにしているので、「エサ抜き!」なんて事は無いので安心してください。

これから本格的に虫が心配な季節になります。特にアメリカミズアブには要注意です。早期の発見が肝心です。

1号 2号 ダンボール
5月1日 0 g 130 g 0 g
5月2日 0 g 0 g 0 g
5月3日 170 g 0 g 0 g
5月4日 270 g 0 g 0 g
5月5日 0 g 0 g 0 g
5月6日 400 g 0 g 0 g
5月7日 250 g 0 g 0 g
5月8日 180 g 0 g 0 g
5月9日 160 g 0 g 0 g
5月10日 180 g 0 g 0 g
5月11日 190 g 0 g 0 g
5月12日 250 g 0 g 0 g
5月13日 130 g 0 g 0 g
5月14日 210 g 0 g 0 g
5月15日 230 g 0 g 0 g
5月16日 200 g 0 g 0 g
5月17日 150 g 0 g 0 g
5月18日 0 g 0 g 0 g
5月19日 230 g 240 g 0 g
5月20日 190 g 0 g 0 g
5月21日 120 g 0 g 0 g
5月22日 160 g 0 g 0 g
5月23日 0 g 0 g 0 g
5月24日 460 g 0 g 0 g
5月25日 0 g 0 g 0 g
5月26日 260 g 0 g 0 g
5月27日 80 g 0 g 0 g
5月28日 260 g 0 g 0 g
5月29日 450 g 0 g 0 g
5月30日 260 g 0 g 0 g
5月31日 210 g 0 g 0 g
合計 5,650 g 370 g 0 g

2012年5月20日日曜日

シマミミズとヒメミミズの違い

シマミミズの赤ちゃんとヒメミミズの区別が難しいという声が結構多いです。

というわけで、実際に並べて写真を撮ってみました。


下側の赤いのがシマミミズ。上側の白いのがヒメミミズ。どちらも大きさは15mmほどです。

シマミミズは生まれた直後から赤っぽい色をしていて、半透明の体に体内の赤い色の部分があるのが分かります。どんなに小さくてもこの赤い線が見えます。一方でヒメミミズは小さくても真っ白。明らかに色合いが異なります。

慣れてくれば簡単に見分けられると思います。

2012年5月14日月曜日

水切りカゴ・その後の経過

実験的に入れている水切りカゴの途中経過です。


5月1日。エサ130gを追加しました。合計380gのエサが入っています。


5月3日。画面下側と右側のスキマにたくさんのミミズの糞で埋まっています。網を通ってミミズが入ってきたのがよく分かります。


5月6日。カゴのスキマはほぼみみずの糞で埋まったようです。カゴの外にあった葉っぱが移動してカゴの中に、ジャガイモの皮も近づいてきています。ミミズが移動するときに一緒に運ばれてきたのでしょう。結構ミミズ箱に入れた物が移動することがあるので、ミミズのパワーは馬鹿にした物ではありません。


5月9日。ミミズの糞でかなりの部分が覆われてきました。ジャガイモの皮はどこに行ってしまったのだろう?消えてしまいました。


5月12日。意外と完全にミミズの糞に埋もれるには時間がかかりるようです。初めから少しココナッツ繊維や古土のみじんをかけておく方が早く処理されるのではないかなと思います。

5月6日の写真を見るとカゴの周りにごちゃごちゃと未分解のエサが散らばっていますが、12日の写真ではすっかり食べられて表面がすっきりしています。カゴの外もミミズが移動しては餌を食べてくれています。

カゴにエサを入れて約2週間放置しましたが、このくらいのカゴならミミズは自由に出入りすることができ、カゴの中のエサを順調に食べてくれているようです。まだ全部食べるには至っていませんが、これは初めから埋めておくなど工夫をすればもっと早く食べてくれるかもしれません。次に実験するときは土を被せてみることにします。

今度の週末にでも一度カゴを取り出して、どのくらいのエサが食べられたのかを調べて見ることにします。

2012年5月13日日曜日

フロースルーの底から掻き出す

みみず御殿1号リセットから約8ヶ月が経ちました。

そこで、フロースルーの底の様子がどうなっているか調べて見ました。


木製のみみず御殿1号の外観はだいぶくたびれてきました。厚みのある2x4材で作ってあるため、見た目のわりには全く問題なく使えてます。

工作は簡単ですが、ベニヤ板やコンパネで作るとどうしても耐久性では劣ります。大変でもやはり2x4材で作るのがお勧め。


底をミニ熊手で掻き出してみました。

緑色のガーデンロープの間に見られるのはミミズの糞では無く、まだ入れたときのココナッツ繊維そのものです。


深さにして約5cm掻き出しましたが、やはりまだココナッツ繊維です。

ミミズ堆肥の層はもっと上にあるようです。今回掻き出したココナッツ繊維は再びエサを入れるときの詰め物としてリサイクル。

フロースルーの下からミミズ堆肥を収穫できるようになるのはもう少し時間がかかりそうです。