2011年12月29日木曜日

ダンボールコンポスト始動中

みみず御殿1号が冬越しに入ったため、台所から出る生ごみはダンボールコンポストに行くことになりました。


約1週間、生ごみを入れ続けましたが、まだ乾燥する一方で発酵は始まっていないようです。


生ごみを入れるときに米糠を一降り。よく混ぜます。

経験では、あるタイミングで劇的に様子が変わるので、そのときが訪れるのを待つばかり。

2011年12月24日土曜日

みみず御殿1号・冬越し準備


先日より、みみず御殿での生ごみの処理量が減ってきたとブログでも書いていましたが、本格的な冬の到来に向けて冬越しの準備をすることにしました。

準備と言っても大がかりなことをするわけではなく、ミミズの活動域の上部にココナッツ繊維を足してやり保温するだけのことです。その代わりしばらくはエサやりは中断です。


フロースルーのみみず御殿1号を下から見るとこんな感じになっていました。

下に敷いた紙はほぼ分解したように見えます。


園芸用のミニ熊手を使って約10cm分程度のココナッツ繊維を掻き出しました。

9月に再開したばかりなので、底から出てくるのはミミズの糞ではなくて、ココナッツ繊維そのものです。意外とたくさんのハサミムシがココナッツ繊維の中で越冬中でしたので、割り箸でつまみ出しておいとま願いました。


フロースルーなので、底から掻き出した分、表面の位置が下がります。

掻き出したのと同じ約10cm分の新しいスペースを作ることができました。


普通なら新しいココナッツ繊維を足すのですが、今回は掻き出したココナッツ繊維を追加。


見た目はすっかり、リセットしたときのようになりました。

この寒い季節に、ミミズが深さ10-20cmの生ごみの層のあたりで活動するか、足したココナッツ繊維の層に上がってくるか。これはこれで冬対策とは別に楽しみです。

冬至にはゆず


冬至日は人間は恒例のゆず風呂で暖まる。

そして、使い終わったゆずはみみず御殿に。

2011年12月18日日曜日

魚ゴミはダンボールコンポストに

ミミズコンポストの処理量が落ちてきたので、魚などの生ごみは再びダンボールコンポストを使うことにしました。


夏場に使用していたダンボールコンポストです。

すっかり水分が抜けて、カラカラになっていました。


難しく考えずに、夕飯の魚やみかんの皮などに米糠をまぶしてを投入。

しばらくは生ごみは分解すると言うよりも水分が飛んでかさが減るくらいでしょう。ダンボールコンポストも再始動するには時間がかかるのです。

ミミズコンポストを始めたからと言って、ミミズだけにこだわるのではなく、様々な方法を活用していきましょう。

2011年12月17日土曜日

寒い冬がやってきた

ミミズコンポストは生き物主体による生ごみ処理なので、当然季節により処理できる量に差が出てきます。そして12月も半ばになり、最高気温が10度前後まで下がるようになると、その差は顕著に表れてきました。


先月であれば、一週間前に入れたエサはきれいになくなっていたのですが、今日撮影したみみず御殿表面の様子を見てみると、分解されていない生ごみが多数残っています。

どうしても屋外型のコンポストの弱いところで、こうなると安全策としては投入するエサの量を制限するしかありません。


といって、今のところミミズが活動をやめているかというとそうでもなく、いつものようにちょっと掘ってやるとたくさんのミミズが顔を出します。

ミミズ自身はもう少し温度が低くても大丈夫だけど、生ごみを分解する微生物の活動が追いついていないという感じです。

一部を屋内に引っ越すか、太陽電池パネルでもつけて加温するか。簡単に移動できるのであれば、屋上に持って行ってビニール温室でも用意して入れてやるのがいいのかもしれませんが、なかなかそうも。

今年もダンボールコンポストと併用するようになるのかな~

2011年12月11日日曜日

2ヶ月でミミズはどのくらい増えたか?

ミミズは一日に自分の体重の半分の生ごみを食べ、1ヶ月で倍の数に増えると言われますが、実際にどうなのでしょう?

9月23日に500g(1000匹)で再開したミミズコンポストですが、この80日間で15.895kgの生ごみを食べています。

実際に稼働中のみみず御殿のミミズの数を数えるわけにも行かないので、エサやりのときの感覚ですが、確実に2倍以上には増えているように感じます。

何がどう違うかを文章で説明するのは難しいですが、イメージとしては4日前にエサをやったところをミニ熊手で掘り起こすとミミズの塊が出現!といった感じです。


さくっと一山数百匹という感じかな?

変わったことと言えば、小さくて細い、若いミミズの数が増えたこと。

ともかくどこを掘っても、この小さなミミズが数多く出現します。

きっと、この小さなミミズが卵を産み、次世代が繁殖することに爆発的に数を増やす事になるのでしょう。

ねずみ算ならぬミミズ算・・・

冬場のエサやり

みみず御殿に投入するエサは人間生活から出る生ごみなので、季節によって内容がずいぶん変わります。

そんな中でも、寒くなると増えるのがみかんなどの柑橘類。


柑橘類の皮は色も黄色で、見た目にも量が多く見えるのでとても目立ちます。


12月頃なると、こんな柑橘類をほぼ毎日一定量ずつ入れる事になるのです。生ごみの分類の重量比で行くと間違いなくこの季節のナンバーワンでしょう。

一応、一週間あればほぼ食べ尽くしているようです。

これから寒くなるので、エサの量をどう調整していくか、悩み所です。

2011年12月3日土曜日

2011年11月の生ごみ投入量

11月の生ごみの投入量です。

先月同様に、お茶殻をみみず御殿に入れていないので、全体量としてはやや少なめです。みみず御殿2号のエサがあまりにも少なすぎる感じがするので、こちらは少し増やすようにしてもいいかもしれません。

1号 2号
11月1日 0 g 0 g
11月2日 0 g 0 g
11月3日 300 g 0 g
11月4日 130 g 0 g
11月5日 300 g 40 g
11月6日 180 g 0 g
11月7日 0 g 0 g
11月8日 470 g 80 g
11月9日 0 g 0 g
11月10日 280 g 0 g
11月11日 0 g 0 g
11月12日 300 g 200 g
11月13日 0 g 0 g
11月14日 250 g 0 g
11月15日 170 g 120 g
11月16日 320 g 0 g
11月17日 300 g 0 g
11月18日 370 g 0 g
11月19日 0 g 0 g
11月20日 460 g 0 g
11月21日 330 g 0 g
11月22日 230 g 0 g
11月23日 120 g 0 g
11月24日 0 g 0 g
11月25日 340 g 0 g
11月26日 50 g 140 g
11月27日 0 g 0 g
11月28日 180 g 0 g
11月29日 380 g 0 g
11月30日 320 g 0 g
5,780 g 580 g