2011年11月6日日曜日

ミミズは紙が大好き


ミミズコンポストには乾燥防止と炭素分補充のために紙を裂いた物を入れることが多いです。

通称・新聞そーめん

植物を育てる3要素としては窒素・リン・カリウムが有名ですが、炭素は土壌中に存在する微生物にとって欠かせない元素。この炭素がなければダンボールコンポストもミミズコンポストも上手く仕上がらなくて、腐って変な匂いの原因になったりします。

みみず御殿1号には文字通り新聞そーめんを(ハムスターの水槽にしいてあった古新聞などが回ってきます)。みみず御殿2号には個人情報の入ったクレジットカードの明細などをシュレッダーにかけた紙類を入れています。

実は、ミミズは紙類が大好物なんです。そんなに栄養があるとも思えないのですが・・・


新しい紙には全く何の興味も示さないくせに、水分を吸ってくた~となると一斉に食べ始めます。

どのくらい好きかというと、調子の良いミミズコンポストだと一週間を待たず新聞そーめんが無くなってしまうほどです。新聞だけでなく、ダンボールコンポストに使ってぼろぼろになったダンボールなどもものすごい勢いで食べてしまいます。

これは微生物を使ったコンポストでは起こらない現象で、分解されにくいパルプもミミズにかかるとあっという間になくなってしまうのです。

というわけで、我が家では生ごみゼロに加えて、個人情報の入った紙類もミミズコンポスト行きとなるので、ゴミとなることはありません。

0 件のコメント:

コメントを投稿