2007年9月4日火曜日

ともかく始めてみよう~

いきなり大きなミミズ箱を作るのはちょっと・・・と言う方は、まずは身近にあるものを使ってお手軽なミミズコンポストを試してみましょう~

500mlのペットボトルを使ったお試し版
(町田ごみフェスタ2007会場にて bennyさん作)

用意するもの


  • 適当な大きさの容器(昆虫飼育ケース,ペットボトルなど)
  • 詰め物(牛糞堆肥,ピートモス,ココナッツ繊維など)
  • ミミズ(りんたろう,熊太郎など)


「りんたろう」でも「熊太郎」でもOK

詰め物を湿らせてから容器の半分くらい入れます.乾きすぎていてもミミズによくないですし,湿りすぎていてもミミズが呼吸できません.軽く握って水がたれないくらいに湿らせておくとちょうどいいです.

ミミズは光が苦手。すぐに潜ってしまいます。

セットアップしたばかりのミミズ箱は,ミミズが落ち着くまでしばらくはそっとしておきましょう.実はミミズは生ゴミだけでなくピートモスや牛糞堆肥も好んで食べるので初めのうちはエサをやってもあまり食べません.

1週間くらい経って,ミミズがなじんできたようであればお茶殻やコーヒーかすなど痛みにくい生ゴミを中心に少量ずつあげてみてください.初めのうちは無理をせず,入れたエサが無くなったら次を入れるという感じで.もしミミズが逃げ出すようであれば何かミミズにとってよくない環境になっているので,湿気が多すぎないか,生ゴミが腐っていないかなどを確認してください.

2~3ヶ月もするとミミズが増えているのが分かると思います.でもペットボトルや観察ケースではこれが限界.次は本格的なミミズ箱造りに挑戦しましょう.

小さいケースですが、1ヶ月も経つとお茶殻なら結構な量を食べてくれるようになります

0 件のコメント:

コメントを投稿