2007年9月6日木曜日

ミミズコンポストの作り方2 - フロースルー編

世の中には不思議なことを思いつく人がいます。普通のミミズ箱では容器の上から生ゴミを投入して、ミミズの糞がたまってくると一度取り出してミミズをより分けながら回収しなければなりません。これはとっても面倒。そこで下から回収することを思いついた人がいました。

思い出してください。シマミミズは「土壌には潜らずに地表に堆積した落ち葉や枯れ草と地面の間に生息し、有機物を食べます」。つまりシマミミズはあまり深く土の中に潜りません。経験的に50cm程度の深さがあれば、底が無くてもミミズが落ちることはないようです。

フロースルーミミズ箱の原理はミミズにエサやってますを参考にしました。

これが底なしのミミズ箱を支えるロープスタンドです。

このロープスタンドの上に底なしの箱を載せて使います。ロープはミミズ箱の詰め物が一度に落ちてこないように支える役割があります。

このロープのおかげでミミズコンポストを下から回収できるようになります。


ロープスタンドに載せるミミズ箱は50cm以上の高さのある物なら何でもいいです。木の箱でも緑のコンポスト容器でも何でも使えます。


フロースルーのミミズ箱を上から覗くとこんな感じです。

詰め物を入れる前に底に紙を敷いてください。紙は自然に分解して無くなりますが、その頃には詰め物が適度に圧縮されて紙が無くなっても落ちなくなります。


詰め物を入れた直後の底の様子です。


セットアップして一月も経つと底に敷いた紙は自然に分解してしまいました。あとは底から園芸用のミニ熊手で掻き出せばミミズコンポストを回収できます。


もしミミズが落ちてしまったら、あわてず上に戻してやりましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿